静岡のソファー物語|ソファーへの愛情

story of a sofa

ニーズの変化とFUJIWARAの変化 
ソファーへの愛着に応える、ソファー購入後の
修理のサービス

家族がくつろぐスペースは、ちゃぶ台のあったお茶の間からリビングに変わり、
台所も収納を備えたシステムキッチンに進化し、
住宅は小型化が進み、ライフスタイルが洋風化するにつれて、
和ダンスや整理ダンス、鏡台などいわゆる婚礼家具と言われるものはニーズが縮小していきました。

時代の移り変わりの中で家具メーカーとしてのあり方を考えながら、フジワラは
生活シーンの洋風化に合わせ、ソファーやベッド、ダイニングテーブルやテレビボードなどの現代家具に
静岡の家具メーカーの中でもいち早くチャレンジし、評価を頂いてきました。

最近、時代のニーズがまた少し変わってきていることを感じます。
愛着のあるソファーの張替や修理、アフターメンテナンス、など多くの方が悩み事を解決できずにいるようで、
家具を扱う当社の様なメーカーにご相談いただくケースが最近増えています。
ふつうは家具を買ったお店へ相談すれば良いのでは・・・と思いますが、
実際お客様の声を聞いてみると、お客様の心理としては
「買ったお店へ修理の相談をしたいが、小売店さんはメーカーではないし、
修理だけをお願いするには敷居が高くて何となく頼みずらい…」
「修理をお願いしても、この家具を作った家具メーカーってまだあるのかな…」
「どこか相談に乗ってくれるところはないかな…」
といった心持のようです。

「お気に入りのソファーなんですが、修理できますか?」「布地の張替はできますか?」というご相談が、
たびたび家具メーカーのフジワラに来るようになったのは、そういったお客様の気持ちを反映したもののように感じます。

ソファーは家具のなかでも数少ない人の体が接触する家具ですから、
長く使っていれば愛着も湧きますし、体に馴染んだ座り心地は捨てがたいものです。
もともと良い品であれば、買い替えるのではなく出来れば修理して長く使いたいと思われる気持ちは
自然なことだと思います。

そんな使い手の気持ちに地元静岡にある家具メーカーとして応えなければと思い、
当社ソファをご購入のお客様へのアフターメンテナンスの対応はもちろんですが、
たとえ他社の製品でも可能な限り修理をして差し上げたり、フジワラで解決しきれない専門外の依頼であっても、
業界の繋がりから、対応してくれる業者を教えて差し上げたりしてお応えしてきました。
本業は家具メーカーですが、修理やメンテナンスの悩み事を抱えたその様なお客様からの
感謝の言葉を頂くことが多くなったと感じます。

品質の良いものが多く流通していた時代から、安い海外製の家具が多く流通する時代の流れ、
社会情勢の不透明感、家具業界全体の安定感の喪失、ソファーに限らず家具に対する価値感の変化と
色々な要因はあるでしょう。
ニーズの変化を感じるとともに、必要とされて、喜んで頂けることが企業としての基本だと改めて感じ、
家具メーカーとしての在り方と共に、地元企業のフジワラとしての在り方を考え始めています。

Go pagetop
Copyright © Fujiwara furniture. All rights reserved
有限会社 藤原木工 〒422-8064 静岡県静岡市駿河区新川2丁目9-18 
tel.054-285-1904 fax.054-284-7057